デイワークアプリのローンチ

 

デイワークアプリ「ワクラク」をリリースしました。

「ワクラク」は登録者2万人を超える日本最大級のデイワークサービスです。 デイワークとは、「1日単位のワーク探し」「面接なしで雇用契約締結」「給与振込申請」が行えるものを指しています。働き手は、アプリ内で雇用契約書を発行し締結することができ、その後は当日職場に行くだけ。履歴書や面接準備をする必要がなく、好きなタイミングで働くことができます。そして、互いが気に入れば、「ワクラク」を通して何度でも働くことができます。「ワクラク」のサービス体系は、人材/職業紹介でもなく派遣や業務委託でもなく、あくまで「雇用契約を締結するためのプラットフォーム」の提供です。「ワクラク」の企業導入や利用者増加に向けた強化を進め、現在サービスの中心となっている東京だけでなく地方への展開も実施していく予定です。

 

「ワクラク」は、「飲食店、ホテル、物流企業、EC企業、IT企業」と幅広い業種でご利用いただいています。利用企業の目的には「即時性」と「コスト削減」があります。

  • 「即時性」:〇日の〇時に人が欲しい、というスポットでのニーズに対してもお応えができます。何人まで雇わなければいけないという制限はないため、1日だけの利用ができます。
  • 「コスト削減」:「ワクラク」では、初期費用/月額費用が一切かからず、ユーザー給与の10%分を別途いただくのみです。平均¥600という手数料しかかからないため、飲食店の平均採用コスト¥3000(「ワクラク」調べ:1回働いてもらうための採用コスト)と比べると圧倒的なコスト削減を実現します。そして、ユーザーの大半が2回3回と同じ企業でワークを行うため、スポットは合わない、というニーズの企業様にもご利用いただいております。